国際線の液体物持ち込みについて

国際線に乗る時は、液体物の持ち込みについて厳しくチェックされます。

恥ずかしながら、このあたり全くノーチェックで行ったら大変面倒なことになりました。機内に持ち込めないのはペットボトルやお酒くらいかな?と思っていたら、かなり厳しい制限がありました。

日焼け止めクリームやファンデーションなどの化粧品はもちろん、クリーム、ヘアジェルなども制限対象となります。旅行用に購入した新品の歯磨き粉は120gだったため、没収されてしまいました。袋も持っていなかったので、一度外に出て免税店で購入しました。

制限事項・・
100ml以下の容器であること(中身が100ml以下では×)
容量1リットル以下、縦横合計40センチ以下の再封可能な袋に入れる(例:ジップロック)
旅客一人当たりの袋の数は1つのみ
医薬品、ベビーミルク、離乳食などは適用除外

詳細につきましては、国土交通省航空局の国際線の航空機内への液体物持込制限の導入についてをご覧ください。

Comments are closed.